金星探査機から金星の写真が送られてきた

昨日のニュースで金星探査機が金星の軌道に確実乗りましたし、金星の写真を送って来ましたと報道していました。なお本格的な観測は来年の4月ごろからとのことです。5年前に金星の軌道に乗る事に失敗して、金星とともに太陽を回っていましたので、高温にさらされているため観測機器が正常に働くのかという心配もありますし、観測機器の寿命が4年という設計であるので、うまく作動出来るのかという心配がありますが、かなり頑丈にできているようなので、上手く作動出来る事を願いたいのです。
なお小惑星探査機「はやぶさ2」が地球の重量を利用するスイングバイに成功したとのニュースも最近ありましたが、日本も衛星により宇宙観測ができるようになったことは、喜ばしいかぎりです。他の国の衛星による宇宙観測の成功も宇宙や地球の成り立ちを知る上では喜ばしいのです。
宇宙の観測は、我々の生活に直接役に立つとはおもわれませんが、地球の成り立ちや今後の地球の姿を知ることになるようです。

映画を見に行きました。

映画「ララランド」を見に行ってきました。
今日は映画が安い日だったので映画館へ行きました。
朝からでかけて10:00から見ました。
思っていたよりも人がたくさんいて安心しました。
それでも席の余裕はありとっても良い席でみることができ、贅沢な気分を味わいました。
「ララランド」はアカデミー賞で話題になりました。
見に行こうか悩んでいると、主人がせっかくだから劇場でみてきたらと背中を押してくれました。
結果、劇場でみてとてもよかったです。
やはりミュージカル調なので劇場で見るのとDVDでみるのではかなり迫力が違うだろうと思いました。
主人公のミアはハリウッド女優になるのが夢なパワフルな女の子です。
そしてもう一人の主人公は恋人になる若きピアニストのセバスチャンです。
セバスチャンにもジャズピアニストとして自分の店をもつ夢があります。
お互いに夢をかなえるために応援しつつも、厳しい現実の壁にぶつかります。
少し切ない終わり方も心にしみました。

大好きな窪田くん!

もう、窪田正孝くんかっこいい?!テレビを見ながら、もうむちゅうになっちゃいました。この人、何してもかっこいい人なんだなって思います。スポーツも出来るし、体も細マッチョだし、明るい笑顔に、可愛い反応。もう私の心を鷲掴みです。特に笑顔のときに見える歯並びが、若干悪そうなところも、なぜかチャームポイント的な?!こんな人いる?もう見ているだけで、テンション上がっちゃいます。今はドラマにも出ているので、しっかりとドラマもチェックしていますが、今日はVS嵐を見て、大興奮。ボーリングさせてもかっこいいし、壁を登らしてもかっこいいし、トークもメインでしていて、かっこいい!ちょっと呆けた感じが、そのギャップでさらに可愛く見えてしまって、もうメロメロですね。ジャニーズなんてそっちのけ!みたいな気分で見ていました。長く頑張っていてほしいなあ。彼の出ているものは大体見ていますが、見逃したのがデスノート・・・。失敗。見たかったな・・・。

最初は「同情する面もあるかもしれない」と思いましたが・・・。

TOKIOの山口達也氏が事件を起こしたことで、事件前の山口氏の素行が悪かったと連日のようにメディアで取りざたされています。
最初、山口氏が事件を起こしたときは、「アルコール依存症か。でもそうなるような精神的ストレスがあったに違いない、芸能界だからいろいろあったんだろう。同情する余地はあるに違いない」などと思っていましたが、最近の報道を見てそうとばかりも考えられなくなってきました。
なんでも、好みの女性を口説くなどというなら可愛い方で、なかには押し倒してい服を脱がそうとするなど、かなり悪質な振る舞いに及ぶこともあったそうです。
TOKIOといえば芸能界では大きな存在ですし、迫られた女性たちもさぞ対応に苦慮したことでしょう。
山口市のやったことはいわば強制わいせつですが、これまでそれらが明るみに出てこなかったのは、女性たちが山口氏の影響力を恐れて口を閉ざしていたからかもしれません。
今回、こうして山口氏が事実上の芸能界追放を受け、ほっとしている女性たちも多いと思いますが、それにしてもこうしたことになるまで山口氏は自分自身を抑えられなかったのかと思います。
アルコール依存症になったことは可哀そうかもしれませんが、だからといって手当たり次第に女性に手を出すなど言語道断です。
今回のことできっちりアルコールを絶ち、更生して罪を償ってほしいと思いました。

懸賞にハマってしまった

懸賞で1日1回チャンスがあるスロット…
豚さんマークが3つ遂に揃うという嬉しい当たりが…!!
やったぁ?!お肉が来るぞ!って騒いだら違ったの
豚さんマークが入ってるバッグが当たったんだってさ(笑)
当たるだけいいけど期待し過ぎたせいでがっくりです?

届くのは毎年らしいから忘れた頃に来るんだろうな☆
バッグっていっぱいあるから要らないんだけどタダ届くのは思うと貰っちゃうからね
こういうのが貧乏性なのかしらん♪
次はお肉が当たれば嬉しいんだけどな…

ちょっと前までは懸賞応募とかしなかったんだけどね
サンプルが届いてからのめり込みです☆
ポストを開けるのが楽しみで仕方ないんだよね!
専業主婦で時間があるから出来ることだけど仕事見つけたらそんな時間も泡のように消えちゃうんだろうな

何年経ったか知ってますか?

小林がの13巻!
色々なりたいわ事が発展していったけど一番の衝撃が地震!
ここにきて東日本大震災の事を漫画に入れてくるとはね…
仙台に居る真田先輩に危険が迫っている!

読んでてなんか地震のことを思い出したなぁ?
あの時はガスも電気も使えなくて大変だったけど東京とかではテレビが見れたんだね!?
中継で流される惨劇に驚いただろうなぁ…
私も数日後に見た時に唖然だったもん
親戚とか絶対助かってない!って怖かったし

続きがいつ出るのか!
凄く気になる先輩の運命!
無事に助かってめごと結婚してほしいです♪
続きいつ出るのかな?
震災が風化してきているときに漫画で出してくれると思い出してくれる人が大勢いるだろうから嬉しいね!
東北はまだまだ頑張っていますよ☆

人気アーティストも大変なんだなぁと

国民的アーティストの一人といえば、安室ちゃんですね。最近、珍しく普段ほとんど見ていないエンタメニュースにちょっと触れたことから、安室ちゃんが沖縄県民栄誉賞を受賞していたこととその背景をいろいろ知りました。
何といっても大人気のアーティスト。あのエイベックスの大看板ですし、安室ちゃんといえば沖縄&沖縄アクターズスクールのエースそしてかつてのスーパーモンキーズ時代と、駆け抜けてきた時代がぱっと思い浮かびます。
今や国民的アーティストとなった安室ちゃんぐらいの人気者になると、こうした表彰ひとつ受賞するのも大変なものですね。ファンが大量に押し寄せることを想定しての警戒態勢がなされたり、本来なら出入りするはずの正面口を通らなかったりと、とにかく何をするにも大変なんだなあと思いました。
結果として安全第一で厳しい警戒態勢が取られたため、沖縄県民の方々や安室ちゃんファンといっしょにお祝いする機会は設けられなかったとのこと。会場となった知事の応接室に入れる記者の人数にすら制限が設けられるとは、たしかに異例の警戒態勢と言えそうです。
安全第一にされたことから非公開で行われた表彰式。安室ちゃん自身はこの受賞を特別なものとして受け取り、光栄に思っているご様子。号外で受賞の報道をした沖縄タイムス社への問い合わせ2500件というのもまた凄いものです。もはや常軌を越えているというか、たまげてしまう件数ですね(笑)。
とにかくもデビューから25年もの間、ひたむきに努力を続け、国民規模で大きな夢と感動を与えた影響力があった安室ちゃんなのだなあということが伝わってくるニュースでした。