わんこの新しいごはん

1か月前にお迎えしたマルチーズの女の子。
ずっと最初にペットショップで購入した「お迎えセット」に入っていたドッグフードを使用していました。
でも最近、なんだかあまり食べてくれないような気がしていました。
まだ生後3か月なのでたっぷり食べて欲しい時期なのに、ちょっと心配です。
ネットで調べてみると、同じごはんだと飽きちゃうっていう意見もあり、主人と相談して新しいフードもチェックしようということになりました。
早速近所の大型スーパーへ。ペットショップも近くにあるのですが、一度スーパーも見に行ってみようということで、行ってきました。
あまり品ぞろえはなかったものの、いくつか選択肢はあったので、「愛犬元気パックンふっくら仕立て小型犬用」というフードを選びました。
1キロで500円しなかったので、安さに驚きました。最初にあげていたフードは2.5キロで3000円超えのいい物だったのです。
安物だけど大丈夫かな、と不安もありましたが、早速帰ってきてから、前のフードに混ぜてあげてみると…喜んで食べてくれました!
むしろ前のフードより新しいやつを選んで食べているようにも見えます。
これでしっかり大きくなってくれたら嬉しいです。(食費も抑えられるし、と思ったのは秘密です)

保育士は案外出会いがない

保育士と聞いて、優しい、笑顔が良い、包容力があるなど、男性から良いイメージを持たれます。しかし、そのような人ばかりではありません。子どもを守っているので、気持ちが強くなりやすく、相手方に意見を求められたり、弱い部分をみても、ズバッと厳しい意見なども言いますし、園の雰囲気によっては、その強さが顔にも滲み出ます。近寄りがたい雰囲気をまとうことになってしまうのてます。そのため、強くなりすぎてしまい、恋人を作りにくいというところが一つ。次に、職場は女性ばかりなため、そもそも出会いがありません。男性の出入りがあるのは、業者さんか保護者であり、どちらも既婚者が多いです。まして、業者さんは、お得意さまである保育園の保育士に個人的に声をかけませんので、出会いすらありません。最後に、保育士は、給料が安いのに、仕事量は多く、持ち帰りは当たり前、プライベートな時間を作ることが難しいです。持ち帰りの仕事をこなしていくと、毎日日付が変わってからの就寝。休みの日曜日は、体を休めることに使うため、外に出ることが少なくなってしまうのです。行事が近づけば、下見のために休日すら潰れあることもあります。結果、恋人との時間を作ることが難しくなるため、恋人を作るのが難しいのです。