今年も行ってきました!神戸ルミナリエへ

神戸の冬の風物詩として全国的に有名な神戸ルミナリエが、今年も三宮の旧居留地から東遊園地に掛けて、始まりました。
イルミネーションの規模としては、長崎のハウステンボスや三重のなばなの里と較べる、電球数では大きく水をあけられていますが、他の多くのイルミネーションがLED球を使っている中で、神戸のルミナリエは白熱球を使っていて、その暖かい光から多くの来場者を魅了してきました。そう、去年までは。
残念ながら、今年からは100%LED球を使用していますから、消費電力は従来からは減少しましたが、光の質がチープになってしまったのが、非常に残念です。
神戸ルミナリエも一時はLED球を導入しましたが、やはり白熱球を支持する意見が多く寄せられた為に、2013年からは白熱球に戻した経緯がありました。
今年は全球LED化をして、色もブルーやグリーンを多用している事から、ちょっと冷たいイルミネーションになったのが非常に残念でした。