人気アーティストも大変なんだなぁと

国民的アーティストの一人といえば、安室ちゃんですね。最近、珍しく普段ほとんど見ていないエンタメニュースにちょっと触れたことから、安室ちゃんが沖縄県民栄誉賞を受賞していたこととその背景をいろいろ知りました。
何といっても大人気のアーティスト。あのエイベックスの大看板ですし、安室ちゃんといえば沖縄&沖縄アクターズスクールのエースそしてかつてのスーパーモンキーズ時代と、駆け抜けてきた時代がぱっと思い浮かびます。
今や国民的アーティストとなった安室ちゃんぐらいの人気者になると、こうした表彰ひとつ受賞するのも大変なものですね。ファンが大量に押し寄せることを想定しての警戒態勢がなされたり、本来なら出入りするはずの正面口を通らなかったりと、とにかく何をするにも大変なんだなあと思いました。
結果として安全第一で厳しい警戒態勢が取られたため、沖縄県民の方々や安室ちゃんファンといっしょにお祝いする機会は設けられなかったとのこと。会場となった知事の応接室に入れる記者の人数にすら制限が設けられるとは、たしかに異例の警戒態勢と言えそうです。
安全第一にされたことから非公開で行われた表彰式。安室ちゃん自身はこの受賞を特別なものとして受け取り、光栄に思っているご様子。号外で受賞の報道をした沖縄タイムス社への問い合わせ2500件というのもまた凄いものです。もはや常軌を越えているというか、たまげてしまう件数ですね(笑)。
とにかくもデビューから25年もの間、ひたむきに努力を続け、国民規模で大きな夢と感動を与えた影響力があった安室ちゃんなのだなあということが伝わってくるニュースでした。